まぶたのたるみが老け目元の原因!目力を復活させる秘訣とは

・いつの間か弱くなってしまった目元の印象

年齢を重ねると写真を取った時に、若い頃と何が違うのか。

それは目力です。

もともとぱっちり二重だった人は、まぶたがたるんで一重のような印象になってしまいます。

むしろ一重だった人の方がいい感じにスッキリ見えてきたりします。

ボコンと凹んだまぶた、ゆるんだ皮膚がかぶり小さくなった目、粘膜が丸見えのスカスカまつ毛に愕然としていませんか?

コミュニケーションの基本は、相手の目を見ることです。

若々しい目元を復活させて男性に見つめられる魅力を持ちましょう。

・なぜたるみまぶたになるのか

上まぶたのたるみと凹みは、筋肉のゆるみと脂肪のズレが大きく関与しています。

まぶたが重くかぶってきて、アイライナーが上手に引けなくなってきたり・・・

アイホールに沿って深いくぼみができ、ちりめんジワが・・・

塗ったアイシャドーはまぶたに隠れて綺麗に見えません。

これが40代からの上まぶたの現実。

まぶたが重くなっている原因は、皮膚のたるみだけではありません。

加齢や外的刺激で損傷し伸びきってしまった挙筋腱膜(きょけんけんまく)。

それにくっついているまぶたも引っ張られて下がってしまいます。

もしくはそれが深刻化して目が開けづらくなり、額や交感神経に関わる筋肉の緊張状態が続いて起こる「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)」の可能性もあります。

さらにまぶたのくぼみの原因は、目の奥の眼窩脂肪(がんかしぼう)が加齢による筋肉や皮膚の衰え、骨の劣化などから眼球の裏側に落ちてしまうことが考えられます。

その落ちてしまった脂肪は下まぶたへと移動し、目袋が飛び出て見えるようになります。

・対策は

眼瞼下垂症は外科的手術で切開ををするなら国民健康保険が適用されますが、切らない手術だと適用は難しいです。

しかし、眼瞼下垂症の外科手術は、形成外科の手術の中でも、最も難易度の高い手術の一つと言われています。

機能的、美容的に問題なく自然で美しく仕上げるためには、技術と経験が必要です。

実際、不適切な手術結果の問題もよくあるようです。

初めからそんなリスクを背負うよりは、今すぐ自分で手厚いケアをすることをおすすめします。

・若々しい目元へ復活させる秘訣は?

私たちの繊細な目元の加齢スピードに逆らうには、顔用クリームでのついでケアでは無理なのです。

目元の老化に向き合い、自分の目元の悩みに合った目元専用コスメでケアすることは、もはや大人女子の常識です。

その理由は、目元の皮膚は薄く乾きやすいので、美容成分が入り込みにくい。

そのため、アイクリームは浸透に配慮した特別な処方になっているし、年々進化を遂げているので効果は確か。

一昔前の保湿メインとは違います。

気をつけるべき点は選び方です。

脂肪のズレで凹んでしまった上まぶたに、ふっくらとしたハリと厚みをもたらす高品質のものを厳選してください。

・ビークレンの目元ケア・トライアルセット

目元に特化したサイエンスコスメがあります。

皮膚が薄く皮脂腺も少ない目元は、エイジングのサインが現れやすい部位です。

悩みも乾燥、しわ、くま、くすみ、たるみなど複雑で1つではありません。

そんな混在する目元の悩みへのアプローチを加え総合的なエイジングケアを叶えるのがビーグレンの目元専用プログラムです。

1,800円(税抜)1,944(税込)

ビーグレン目元専用プログラムトライアルセットの詳細を見る

・クレイウォッシュ(15g)

・QuSomeローション(20ml)

・Cセラム(5ml)

・トータルリペア アイセラム(5g)

・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

全国どこへでも送料無料/365日間返品・返金保証

ビーグレンはスキンケア相談も行なっています。
肌の悩み、毎日のケア、製品選びなどサポートもしっかりしているので安心ですよ。

目元ケア


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする