老化現象のせい?石頭で人の話を聞かない女たち・・・

30代から40代、50代と年齢が上がってくるにつれ、人はそれなりに人生の経験値が上がっています。

自分より若い人や後輩などと喋っていて、いつの間にか「私はこうだった」「その時はこうするといい」「私はこう思う」と一方的に一人で喋っているような状態でびっくりすることがあります。

あたかも自分は全てわかっていて答えを知っているかのごとく・・・ これが自分の精神的な老化だと気がつきもしなかったのです。

社会に出て10年、20年経てば、放っておいても後輩が増えてきて、先輩になり、上司になりと、立場が自然に押し上げられていく。

それと同時に知らず知らず、頭と心が柔軟性を失っているせいで、単純に決めつけが多くなり、キャリアと共に中途半端に知識が増えていたりするから、気がつくとドヤ顔で後輩たちにおしつけようとしているのです。

でもそれは普通の主婦だって同じです。 夫との関係、子育て、近所づきあい、学校、パートなどのコミニュティの中で得た知識や常識などから自分の考え方の癖ができています。

長年の経験から身についた自分の考えに、根拠のない自信がついてきてしまったりするから、人の話を聞かなくなってしまうのです。

私も40代半ばを過ぎた頃から、自分の周りにいる同年代の女性が明らかに2通りのタイプに別れていることに気がつきました。

一つ目のタイプはとにかく石頭。人の話なんて最後まで聞いちゃあいません。

話の途中で自分とは考え方が違うなと思いきやとにかく否定形の発言をしてきます。

そして人と意見が違うことで自分の考え方ってこれでいいのかな?なんて考えてみる気はさらさらなく、自分が正解と思い込んでいます。

はっきり言って、人の話を聞かない、決めつけの多い女は、それだけで老けて見えます。

そしてもう一方のタイプは、まず人の話を最後まできく。

聞き上手だから、こちらがついついじゃべり過ぎてしまうくらいに乗せるのが上手です。

そして相手から得たたくさんの情報のな中から詳しく相手の言っていることを理解しています。

それだけで話をしている人は満足感が得られます。

そして否定をしません。 だからまた話をしたいと思ってしまうのですね。

もちろん、柔軟性のある人は見た目にも若いです。

柔らかいオーラを持っていて引き寄せられてしまうのです。

そもそも会話の最大のタブーは、「否定形の多いこと」と言われますが、否定形を山ほど使っていることに自分 では気づかないもの老化現象の一つです。

「決めつけ」が多くなれば、必然的に他者のいうことをいちいち否定したくなり、それがまた正解で正義だと思い込ん でいるから、否定だらけだって気づかない。

まさに負のスパイラルですね。

まずは相手の話を全部聞いてから、話を始めるような心がけがアンチエイジングだと意識したいですね。

自分に自信を持つことは大切だけど、その自信を疑ってみる勇気はもっと大切なことだと思います。

特定の誰かがその場を牛耳ったり、一人だけがしゃべり続けるようなことがなく、全員が同じように心地よく盛 り上がれるようなコミュニケーションをとる意識を持つ。

この心がけがアンチエイジングだと知っておきたいものです。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする